「ほっ」と。キャンペーン

“廃人”の運営するCafe Romanのブログ


by haijin0420
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

改装に改装を重ね。

改装に改装を重ね、現在「Cafe Roman」をサイトとして提供しているわけですが、みなさんには何度も何度も変えやがってと非難されてそうで怖い日々です・・・w
 でも、まぁ、こんな感じでシンプルかつ、あったかい感じでやっていけたらいいなと想います。作品は暗いですけどw
[PR]
by haijin0420 | 2006-12-28 14:49 | 日記・コラム

最近考えていること

最近、嫌いな人間を認めることができるようになりました。昔は大キライだった人間も、アルバムをめくれば、そういえばこういう人もいたなぁと思えます。きっと、僕もその人たちも子供だったからです。そう割り切れるからこそ、昔に比べて成長したんだなぁ~と感じます。

話は変わりますけど、新作ができあがっているにもかかわらず、どれもちょっと掲載する暇が見つかりません。早く載せようとは思いつつも、なかなか時間がないですね。
 明日にでもしようと想います。

以前、ある評論を読みました。その評論の中で言われていたことですが、自然を愛するということと自然を保護するということは違うというのです。
 著者によれば、保護というのは、自分達が自然を守っていけるという過信と驕りであり、思い上がり以外のなにものでもないというのです。一方、自然を愛するとは、人間が自然の一部だということを再認識して、一種類の動物としてどれだけ幸せに暮らしていけるかを考えることのようです。
 そうですよね。考えてみれば、自然を保護するなんて、できるなら今頃地球温暖化は完全に消えてしまっているはずです。しかし、人間は自分達がしていることを棚に上げ、自然保護を唱えているのです。まったくバカですね。
 僕には自然保護をしようなどと想いあがった考えはありませんが、それでも、自分が暮らす地球だからこそ、ゴミを減らしたり、節水、節電をしたり、ひとりひとりができることを繰り返していくことでも、それは確実に地球への愛と呼べるんじゃないかと思うんです。
[PR]
by haijin0420 | 2006-12-16 23:56 | 日記・コラム
 読みました。あの長い本を。
日本文学を読んでばかりの僕には、ロシア文学は刺激的でした。次はトルストイに挑戦しようかなと思っています。
 登場人物たちの苦悩は、どこへいきつき、どう終結するのか、この物語は最高です。
[PR]
by haijin0420 | 2006-12-16 23:45 | ドストエフスキー