“廃人”の運営するCafe Romanのブログ


by haijin0420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2006年 08月 15日 ( 3 )

 まず、宿題がやばいです。信じられません。あと五日で全部終わらせるなんて無理に等しいものです。とかいいつつ宿題をしようとしないのは馬鹿の証でしょう。

 最近、妙に頭の隅に引っかかっていることをひとつ。

 テレビというものを故意に見ようという機会はそれほどないのですが、僕はとても親父臭いので、歴史系だったり、政治経済だったり、地球環境だったり、そういう系統の、およそ若者が見るとは思わない番組ばかりを見ます。まぁそれらが特別自分で見ようと思う番組ですかね。
 そんな私事はいいとして、最近の若い人(自分は違うという意味ではないが僕以外)は、学校でもバラエティ番組の話ばかりで、どうにも活字離れを感じる今日この頃です。
 明日から、朝早くに起きて学校に行かなければならないので、またみんなの与太話を聞くのかと思うと、少しだけ辟易します。正直、笑えない。とくにHGとか、パッション屋良とか、ああいう類の芸人は嫌いなわけで、やすきよ時代からするとかなり変わったんだなぁと実感します(とか言いつつ生まれてなかった)。

 でも、まぁ面白い芸人さんも中には埋もれていますよ。とても驚嘆させられます。個人的には、落語とか漫才とか、そういう感じの笑がすきなんですよ。体を張った芸とかはあんまり好きじゃないんですね。

 だからかもしれませんが、サラリーマン川柳なんかも結構ツボですね。あとは、文芸的、知的な冗談や、笑も大好きで、かなりツボにはまります。ところが、みんなは大して面白くもないようで、こいつ、ひとりで笑ってて気持ち悪いとか思われることも多々あります・・・・・・;;

 と、いうことで、活字離れが問題視される現代においては、やっぱり本を読むことが一番なのですよ。
 もちろん、僕自身の意見なのでこれらすべてが、世間において正しいかといわれると、そうではないかもしれません。でも、やっぱり、高校生でも、一国民として、国内外の情勢とか、いろんなことに興味をもつべきじゃないのかなぁと思います(自分を正当化?)。

 また、誰かが言った言葉を鵜呑みにするのではなく、自分で考え、それと比較したうえで答えをだすべきだと思うのです。まぁ、誰でもわかるでしょうけど・・・・・・
[PR]
by haijin0420 | 2006-08-15 22:34 | 日記・コラム

「眠りの海」 本多孝好

 主人公は先生で、生徒の佐倉京子と体の関係を持ってしまう。そして、ある事故から、主人公は自殺をはかるが・・・・・・

 第十六回小説推理新人賞を受賞したこの作品は、なかなかのものです。いまだに若手作家というのがちょっと疑いますね。でも、さすがに若さを持った内容に文体で、テンポもよく読みやすいものです。
 文庫本では、MISSINGという題名で短編集として出されています。ミステリーを読み解くようなものを感じます。テーマもある程度固まった状態で書かれていますし、おもしろいです。

 おしいのは、この一作に厚みがないことです。主人公と佐倉京子の関係を順を追うように厚みを持たせて書けば、もっと物語に入ることができたのですが、短編ということもあり、やや展開を中心とした小説となっています。
 でも本当に読む価値があります。

 ぜひ読んでみてください。
[PR]
by haijin0420 | 2006-08-15 19:04 | 本多 孝好

ところで

 さて、今まで普通に書いてはきましたが、どうも巧く説明ができていなかったかなぁと思います。

 一応、このブログ(HPも併せて)は、毎日更新(投稿)していこうと思っています。というか、更新が遅れるとそれだけ、見る人も少なくなるという理由から、やっぱりするなら毎日、できなくても二日に一回といった具合でしょうか。まぁ、そんな感じで、やっていきたいなぁと想います。


 話は変わりますが、終戦記念日ということもあり、小泉首相の靖国参拝がメディアでは取り上げられていますね。個人的には、分祀さえすれば問題はないと思うのですが、それでも中国、韓国が黙っているとは思い難いですしね。
 まぁ、さらに私的な意見を述べさせてもらうなら、小泉首相の靖国参拝には賛成です。国家の長として、やはり、国民の先祖でもある戦死者や、功勲授与をされた人々にはお参りぐらいするべきなのではと思うわけです。まぁ、東条英機ひとりが悪いというわけではないんですよね。
 個人的な見解では、太平洋戦争はすでに日中戦争の時点で始まっていたように思うわけです。まぁ、それはアメリカのせいにしているようにも聞こえなくもないのですが、責任転嫁というわけではないので・・・・・・
 でも、中国はいつまで靖国問題を取り上げ続けるのでしょうかね。たぶん永遠に言い続けるでしょう。おかしな話です。日本軍は、中国から撤退しただけというのに、それでも戦勝国と自分達を誇っているのは、少し滑稽ではないですか。
 まぁ、世界の一般的な常識からすると、戦勝国なのでしょう。中国が国連の常任理事国であるかぎり、日本の世界への発言力は弱いままです。唯一の救いは、アメリカが虎の威だということぐらいでしょう。

 日中戦争では、南京陥落までしたそうですね。ですが、それは軍部の命令に背いた結果だったとかなんだとか。最近、テレビであっていました。太平洋戦争も、考えてみれば、パールハーバーを提案したのは山本五十六じゃないですか。
 なんだか、情報だけが一人歩きをしてしまい、確かな事実を知ることができない世の中になってしまいましたね。

 そもそも、なぜ負けた国が賠償金を払わなければならないのかと思うわけです。負けたということは、戦勝国よりも、明らかに国力が落ちているわけです。人道的に考えてみても、負けた国の復興のために友好的な立場から支援金を送るのが道義というものではないんでしょうか。
 まぁ、所詮利益ですよね。そうやって搾り出さなければ出もしない水滴を舐めて、それでもまだ絞ろうと、強く握る。そんなのは自己満足したいだけじゃないですか。

 またまた個人的な意見を言わせてもらうなら、国連なんてクソくらえです。国連なんて廃止して、新しく世界を統一する組織を作ればいいのです。そして、常任理事国など作らずに、ローテーションでまわしていくような、どこにでも権利が暇なく回っていくようにすれば、外交も、国際問題も、うまく解消するのではないかと感じるのです。
 まぁ、常任理事国の中でも、自分勝手なのは、アメリカと中国というのは、世界では知れたことですしね。
[PR]
by haijin0420 | 2006-08-15 16:03 | 日記・コラム