“廃人”の運営するCafe Romanのブログ


by haijin0420
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「眠りの海」 本多孝好

 主人公は先生で、生徒の佐倉京子と体の関係を持ってしまう。そして、ある事故から、主人公は自殺をはかるが・・・・・・

 第十六回小説推理新人賞を受賞したこの作品は、なかなかのものです。いまだに若手作家というのがちょっと疑いますね。でも、さすがに若さを持った内容に文体で、テンポもよく読みやすいものです。
 文庫本では、MISSINGという題名で短編集として出されています。ミステリーを読み解くようなものを感じます。テーマもある程度固まった状態で書かれていますし、おもしろいです。

 おしいのは、この一作に厚みがないことです。主人公と佐倉京子の関係を順を追うように厚みを持たせて書けば、もっと物語に入ることができたのですが、短編ということもあり、やや展開を中心とした小説となっています。
 でも本当に読む価値があります。

 ぜひ読んでみてください。
[PR]
by haijin0420 | 2006-08-15 19:04 | 本多 孝好